闇金業者に騙された人たち

闇金に騙される被害は後を絶ちませんね。ここでは、実際に騙されてしまった人の事例をご紹介します。

驚く

Yさんは、自宅に貸金業者からDM送られてきたので50 万円の融資を申し込みました。すると翌日担当者から、本審査が通ったとの連絡がありました。ただ、登録料5 万5 千円が必要で、登録料は融資のときに返還されるとのことでした。

それで、指定の口座に登録料を振り込みましたが、その後、「登録のエラーが出たのでもう一度振り込んでください。」「一時保険金に加入のため12 万3 千円が必要です。」などといわれ、総額22 万3 千円を振り込み、結局融資は行われませんでした。DMでは大手の金融機関のグループ会社を名乗っていたそうですが実在しない業者だったそうです。

Tさんは、携帯電話サイトで知った業者に、金利0.9%で180 万円の融資の申込みをしたところ、信用を確認するため、その業者が取引している金融業者から融資を受け、そのお金を郵便小包で送るように言われました。お金は後日消費者金融解約センターを通じ返金するといわれたので、大手金融業者2 社から総額90 万円の融資を受け、送金してしまいました。この業者は都知事登録業者のふりをしていましたが実在しない業者でした。

登録料や保証料などといって先にお金を振り込ませる貸金業者、あり得ないほどの低金利を提示する業者は闇金です。絶対に騙されないようにしてください。