闇金業者の金利

貸金業者は、業者ごとに独自に貸し付け金利を設定していますが、いくら高くてもいいというわけではありません。金利の上限は法律によって定められています。利息制限法の上限金利は貸付額に応じ年率15%〜20%と決まっています。ですから20%を超える金利を設定しているのは法律違反です。

では、闇金業者が設定している金利はどのくらいでしょうか?闇金業者が要求する利息はトイチ、トニ、トサンなどといわれるように、10日に1割、10日に2割、10日に3割という法外な金額です。10日に5割というトゴというのもあります。年率にするとトイチなら365%、トゴなら年率1825%ということになります。

たとえば正規の業者で、年率18%で5万円を30日利用したとすれば、利息は739円ですが、闇金からトゴで借りたら利息は75,000円です!ですから延々と利息を払い続けて元金は返すことができないでしょう。ですから、闇金にかかわるのは絶対にダメです。最近はソフト闇金というのもあって最初は親身になって話を聞き結局は高額の利息を要求し続けます。闇金には絶対に近づかないようにしましょう。