闇金業者の手口〜年金担保融資〜

年金担保融資は、高齢者を狙い年金を担保にお金を貸すという闇金の手口です。方法としては、借入を必要としている高齢者に近づき、融資をする代わりに、年金証書や銀行の通帳、銀行印、キャッシュカード、などを預かり、実質上年金を担保にとって貸し付けをします。そして、利子を差し引いてから年金の残りの金額を渡すというものです。ところが、支払いが終わっても、ずっとお金を絞りとられてしまうということもあります。

貸金業者が、年金を担保にお金を貸すのは、違法ですから、そのような話には絶対に載らないようにしてください。現在年金を担保に借り入れができるのは、独立行政法人福祉医療機構からだけです。1年の年金総額の1.0倍以内のお金を借りることができます。必要な方は、福祉医療機構の問い合わせてください。

闇金業者は「高齢者融資OK」「年金立替」「高齢者優遇」などの宣伝文句でお金に困っている高齢者を引き付けます。また、福祉医療機構を名乗ったり、斡旋業者だといって電話をかけてくる場合があります。福祉医療機構へは直接申し込めば融資を受けられますので、騙されないようにしてください。