闇金業者に狙われやすい人

先日テレビを見ていたら高齢者を狙う詐欺の手口が巧妙になっているということで、税務署の職員を名乗ったり、高齢者を雇って電話をかけさせ、高齢者を騙すという手口を紹介していました。詐欺師は警戒心を緩めさせたり、相手の心理を巧く利用して騙すようです。

闇金融の中にもソフト闇金といって最初はやさしく親身になって話を聞き、契約をさせてその後、法外な利息を搾り取るという違法業者があります。どこからもお金を借りられなくなった主婦が狙われます。精神的に追い詰められているときにやさしくされてつい心を許してしまうわけです。

キャッシングを利用する際は十分に気をつけておきたいですね。

キャッシングについて詳しくまとめているサイト→【事例あり】専業主婦カードローン※内緒でお金借りる方法とは?

他には高齢者も狙われやすくなっています。高齢者はカードローンについてよく知りませんし、年金収入だけの人は貸してくれるところが少なく、お金に困っていて家族にも相談できないので、年金を担保にお金を貸してくれるという話があると、つい手を出してしまうわけですね。

闇金融は小口融資なので、数万円をいうお金を必要としている学生も狙っています。大学の近くには、闇金があったり闇金の広告がたくさん貼られているので、安易に利用しないように気をつけてください。