闇金業者の手口〜整理屋〜

闇金業者の中には整理屋というのがあります。これはどういうのかというと、債務整理を代行する代わりに高額の手数料を取るという不法な貸金業者のことです。

債務整理では、債権者と交渉して過払い金要求をして、返済金額や返済方法について、債務者になるべく有利なように交渉がなされますが、整理屋はこの交渉をするために高額の手数料をとったり、実際には債務整理をせずに、手数料だけをだまし取る場合もあります。

消費者金融が、多額の借金をかかえる弁護士や仕事に困った弁護士と手を組んで、整理屋をするというケースもあります。弁護士が債権者に受任通知を送ると債権者は督促ができなくなります。借金している人は督促が来なくなるので、安心してさらに整理屋に頼り、手数料を払い続けることになります。

貸金業者に弁護士の名義があるからと言って簡単に信用しないでください。また、弁護士は、原則、依頼主と会わずに債務整理事件の依頼を受けてはいけないことになっています。ですから、いつも事務担当者が依頼を受けているようなところは整理屋ですから気をつけてください。